>

中学受験に向いているお子様の特徴は?

なぜ算数が高得点だと中学受験に有利なのか

中学受験に出題される問題はの建前は「小学校で習う学習範囲から」とされていますが、実際は小学校で満点をとるお子様でも3割程しか解けない事もあります。
国語は日常使う言語の応用ですから乗り越えられる可能性もありますが、見聞きした事のない方程式が出てくる算数の正解率は当然下がります。
その為算数は受験専用の勉強が必須となりますので、入試に対し準備できたか否か、一目瞭然でわかってしまう科目なのです。
また、算数の問題数は他の科目より少ないという特徴があります。
中学によって前後しますが、大体が小問題が20問程しかありませんので、1問5点程度の配点となります。
一方、国語等では小問題の数が多いので大体1問3点程度の配点となります。
従って、一門の配点が大きい分、算数でミスをすると大きなダメージを負うこととなります。
しかし逆を言えば算数で高い点数を獲得することが出来れば合格する可能性も高いといえます。

算数を制するためには?

まずは「受験専用の勉強」を学ぶ事といえます。
しかし早ければ早いうち…というわけではありません。
低学年の内は楽しく学び算数を好きになる事が第一です。
塾に行くのは中学年になってからでも遅くはありませんので、それまでに学校教育の算数をお子様に理解してもらいましょう。
ここで土台を作らず詰め込み学習の様な形で塾通いさせてしまうと、算数が嫌いなり後々苦労する結果に繋がりかねません。
算数の魅力は「わかった時の楽しさ」や「問題を解いた時の充足感」ではないでしょうか。
この「算数の楽しさ」に重点を置いた勉強を、小学校と家庭で実践してください。
また、もし親御さんの中で算数に苦手意識がある場合はまずは親御さん自身が算数に対する苦手意識を払拭しておくと良いでしょう。
とはいえ過度な勉強は不要です。
単にお子様と一緒に、一から算数を楽しもう!という気持ちになりトライするだけで十分なのです!


この記事をシェアする