現代の中学受験に必要な役立つ一般常識

現代の中学受験に必要な役立ちサイト

中学受験に向いているお子様の特徴は?

中学受験は算数が得なお子様が優位だとされています。 もちろんどの科目も均等に高い点がとれることが理想なわけですが、中でも「算数」が得意な方が有利と言われている理由は何なのでしょうか。 こちらでは、「算数を制する者は受験を制する」といわれている理由と、その攻略法についてまとめています。

国語は条件さえ揃えば攻略できる

中学受験での算数の重要性はよく知られていることですが国語はどうなのでしょうか。 算数・国語以外の他の科目に比べれば配点も高く重要そう…。 しかし、国語の攻略にはいくつかの条件があり、それさえ押さえることができれば、難しい問題はありません。 ここでは国語を攻略するための必須条件についてご紹介していきます。

算数と国語以外で抑えるべきポイントとは

特殊な勉強が必要な算数と、日本人の根底である国語力はやはり中学入試の大きなポイントであるといえます。 しかし、中学受験は「この2点だけ抑えておけばOK!」なんて生易しいものではありません。 ここでは、更に有利に中学入試を受けられる為の耳寄り情報を紹介しています。

算数を制すものは受験を制す

皆さんは、中学受験を経験されたことはありますか?
社会に出てから「もっと勉強しておけばよかった」とか「もっと良い大学を出ていれば」と学歴問題に直面してから後悔した経験を抱える人も少なくないのではないでしょうか。
そして親になると子供に同じ思いをして欲しくないと、中学受験を選ぶ家庭も年々増えています。
都内では実に約4割の小学生が私立中学を受験しているというデータがあります。
やはり中高一貫六年間の私立教育というのが魅力の様です。
一方で競争率が高まる現代の中学受験に対して小さい子供への行き過ぎた詰め込み学習の在り方への懸念も高まっているのも事実ですので、我が子の成長を親御さんが理解し受験のタイミングを判断する事が必要です。
では、中学受験に向いている子の特徴とはどういうものが挙げられるのでしょうか。
・小学校の授業になんなくついていける子
・素直で負けず嫌いな子
・なんでこうなっているの?等が口癖の知識欲が高い子
・体が弱くなく体力がある子
などがあげられます。
逆に、中学受験に向いていない子とはどういった子なのでしょうか。
・学校の授業ペースについていけない子
・周りの子に比べ、精神が幼いと感じる子
・極端にわがままだったり空気を読めない子
・常に動き回る様な落ち着きのない子
・嫌々勉強させられている子
・病弱な子
などが挙げられます。
少々極端なまとめ方をするならば、早熟した子供かどうかというのがひとつの基準となります。
また、大人である親御さんですら中学受験の過酷さに滅入る人もいますから、小さなお子様への負担は相当なものですのでそのあたりを判断材料にしてみて下さい。
中学受験に必要な科目は国語・算数・理科・社会となっており、知識は勿論、科目を通して一般常識というのもチェックされます。
このサイトではそんな中学受験を選択する家庭の為に役立つ「一般常識」に役立つ情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。